株式会社大恵ペイント工業
兵庫県洲本市物部三丁目2番63号
フリーダイヤル0120-488-454 / FAX : 0799-22-1125
兵庫県知事許可 塗装工事業 一般24- 第802019号
一番大切な下地処理
line

住宅の塗替え工事で一番重要な下地処理

外壁塗装、屋根塗装の工事の全ては下地で決まる

 

塗り替えの工程の中でも、最も重要な工程が塗装の命とも言える

下地処理です。とても手間と時間がかかる作業ですが、

仕上りと耐久性が全く違います。

お住まい1軒1軒の状態により最適な塗料・工法・工程は異なりますから、

建物に合った適切な塗料を見極め、適切な下地処理を行い、

最適な材料と工法で施工する事が大切です。

職人の知識・経験・腕が問われる部分です。

 

(各種工程)

  

1. 高圧ジェット洗浄

 外壁塗装に必要な高圧洗浄は、とても重要な工程であります。

長年付着してきた汚れやカビ、苔といった付着物をしっかり落としてから塗装工事をしないと

直ぐに剥がれてしまいます。

大恵ペイントでは、この高圧洗浄にも力を入れています。

 弊社では、清水で110〜150kgの圧力でジェット洗浄を施しています。

こういった塗装工事の始める段階の細部までの拘りを持つことで、

住宅の塗装の寿命を永く持たせることが出来ます。

2. 窓枠・目地シーリング補修

サイディングのお宅で外壁塗装工事をする際に、付帯工事として出てくるのが、

窓枠や、目地などに使用されているシーリング(コーキング)の工事があります。

 

 これを一般的にはコーキング工事を呼んでいますが、このコーキング工事には、

既存のシーリング材の劣化の状態や耐用年数に応じて施工を行います。

増し打ち工法

今現在のコーキングの上から、新しいコーキングを充填(じゅうてん)する事を増し打ち工法と言います。この工法は既存のコーキングがさほど傷んでいない場合に上から薄くコーキングを増し打ちする場合や、コーキングの撤去が厳しい場合に行う工法です。
既存のコーキングの上に、コーキング専用のプライマーを塗布して、専用のコーキング材を充填する工事です。

打ち替え工法

既存のコーキングをカッターナイフ等で全部撤去して、サイディング材の周りを養生します。その際に溝が深い場合は、バックアップ材を入れて、その後コーキングを充填させる為、新しくコーキングを打ち替える工法です。コーキングのひび割れが酷い場合や、表面の劣化の進みが酷い場合にこの工事をお勧めします。コストを安く収めたい場合は増し打ちですが、増し打ちの場合は、あくまでも補修程度の工事であり、きっちり工事をしたい方には、コストは少し高くなってしまいますが、しっかりコーキングの入れ替え工事をお勧めします。

3. 脆弱塗膜剥離(ぜいじゃくとまくはくり=もろくて弱い)

脆弱塗膜とは、既存の外壁の塗膜が弱くなっていて、

その上からの再塗装が不可能の場合に既存の塗膜を剥離工事する作業です。

建物の既存の塗膜には、完全に既存の塗膜を撤去しないと剥がれてしまう下地の状態がありますが

それを脆弱塗膜と呼びます。特に多いのが屋根の塗膜の剥がれですが、

剥がれてきている脆弱塗膜の上に何を塗ってもまた直ぐに剥がれてしまいます。

既存の塗膜をしっかり撤去して、下地から塗膜を作り直します。

 

その他にも既存の外壁にも脆弱塗膜の状態が良くあります。

外壁面の塗膜がもろくなっていて剥がれている状態でも屋根と同じように

脆弱塗膜を一回しっかり剥がして塗り直しを行います。

この様な工事が必要な原因のほとんどが、以前の塗装業者の手抜き工事がほとんどで、

下塗りをしていないとか、雑な塗り方が原因の一つです。脆弱している塗膜の検査は、

打診棒(パールハンマー)などによる打診検査などを行います。

4. 欠損部補修

モルタル、コンクリート等から膨れて割れがあり、欠落しそうな場合、

下地の鉄筋が錆びてきている可能性があります。

また、コンクリートに大きく割れが生じているカ所や、欠落しそうな場合は早めの補修が必要となり、

建物を水の侵入から守る事と、安全を確保することが必要です。

その場合は、既存のもろくなっているモルタル、コンクリート面を撤去します。

特に鉄筋が腐っている場所は、鉄筋部分から爆裂をして、

外壁のコンクリートを持ち上げてしまう場合もあるので、強度があって、

補修後も粘りがあって強いエポキシ樹脂Kモルタルなどで補修が必要です.

(補修前)

 

 

(補修後)

 

外壁塗装の欠損部補修工程

[1] 補修の箇所を確認する。

脆弱している塗膜がないか、水が浸入して下地が腐っていないか、目視で確認し、

あやしい箇所は、パールハンマー等で打診検査等を行います。

[2] モルタル解体

モルタルの水による侵入の疑いがあり、下地の木部が傷んでいる可能性がある場所等は

専用のハツリ工具やハンマー等を用いてモルタルをハツリ工事を行います。

[3] 下地調整

腐食している鉄筋などは、ワイヤーブラシ等で腐食部分を完全に除去して、

粉じんも綺麗に除去しエポキシ錆止めで錆を処理します。

[4] 下地補強

コンクリートの脆弱部分には、2液反応硬化型浸透硬化剤を塗りつけ

弱っている外壁面を強化します。

[5] 接着処理

エポキシ樹脂Kモルタルを外壁のハツリ後地層と接着をさせるため

プライマ−を刷毛でしっかり塗り付けて行きます。

[6] モルタル左官作業

下地の痛みによって、エポキシ樹脂Kモルタルを塗り付けて補強作業を行います。

[7] 養生

急激な乾燥や湿度等を避け、各層にあった養生作業を行います。

 

その他建物の造り、材質、環境、また傷み具合などその建物に合うよう下地造りを大切に行います。

line
お問い合わせ
line

お急ぎの方はフリーダイヤル0120-488-454にお電話ください。

■お問い合わせ内容(必須)




■コチラからの返信方法(必須)



■お名前(必須)

■メールアドレス(必須)

■電話番号

■題名

■メッセージ本文